社畜VAPERの独り言

VAPEおじさんの独り言です

Four One Five 415RTA by 415MOD どえらいRTAだこれは!

いよいよ寒くなってきてもう冬に到達するんだなと実感している今日この頃
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
世間では色々なニュースが飛び交いどうでも良いニュースが乱立する中いよいよVape界にも新たな旋風が巻き起こるのではないかと思えるヤツが出て来ました!


それがこの


Four One Five 415RTA



こちらは415MODと言うメーカーで設計から製作まで全て一貫して製作しているメーカーです。
シンプルで計算しつくされた構造で、何度も何度も作り直し、手直しを加え、最初の構造から一新されてやっと製品版が出来ました。
Office EDGEさんの楽天ページで11/21の初回販売は限定何個だったか忘れましたが争奪戦になったみたいで29秒で全部売り切れたみたいですね


さて今回僕が購入させて頂きましたのは先ほどご紹介しました
Office EDGEさんです!無事手元に届きました!ありがとうございます!


商品ページ貼っておきますね!


実店舗ではUNUSさんで取り扱いがあるみたいなのでみなさん足を運ばれてみてはいかがでしょうか?


さてスペックです。
★商品名★
FOUR ONE FIVE
415RTA 22mm


★商品説明★
サイズ
高さ 42.2mm 接続部含まず
直径 22mm 最大部分
トップリフィル
ジュースコントロール
ボトムエアフロー
シングルビルドデッキ


タンク容量
ノーマルタンク 4.5mL
マイクロタンク mL


★内容品★
415RTA 本体
デルリン510DT
チムニー脱着工具
・1stロット特典 マイクロウルテムタンク
・エアフロープラグ


すいませんコピペしましたw


さて早速見て行きましょう!


とても綺麗な白に金粉が!
ゴージャス感が凄みです


ハイエンドチックな紙に製品名と製作日、それとシリアルも記載されています。
この紙好きですこれだけで所有欲が満たされる気持ちになりますね。


初回分に付属しているMTLピンです。
1.5mm径です。


デッキ裏です。
字面がカッコイイ!横にシリアルが書いてあるのもこう言った配置にセンスを感じます


ポジピンの出代はこれ位ですがハイブリッドでの使用は推奨されておらず、レギュレーテッドでの使用を推奨されておりますのでハイブリッド接続で使わなくていいと思います。無理してハイブリッドで使う意味....


デッキはバーサーカーに似た感じのデッキですが、ジュースの供給穴が三つずつ開いてますね。
これは製作者の一人であるS氏によると一つ穴よりタイトな穴にする事で供給過多の防止と、スムーズな供給が出来るからだと言っておりました。
エアフローも珍しい穴の配列です。
極小の穴からコイルへと満遍なくエアーが当たるようになっております。



あ、すいません何故かポジピンの画像になってますが、インシュレーターにもOリングがはまってます。
これによりポジピンからのリキッドリークを抑えられるようになってますね。
親切設計!



チムニー外しの工具も付いてます。
これを後から販売する某動物MODSさんにも見習ってほしいですね!


マイクロタンクにするにはこの外したチムニーを使います。
セパレート出来るので簡単にマイクロにする事が出来ました。
Oリングが物凄く効いてるので外すのに苦労したのは内緒の話にしておきます。



裏側はこんな感じでテーパーされてます
この角度も何度も作り直したと聞いております。


トップキャップはスレッド式では無く半回転式ですね!
スレッド式だとどうしても圧力が物凄くかかって折角のトップフィルが台無しになる程漏れる事もありますからやはりこの構造がいいのかなと思います。
ジュースコントロール機能もバッチリ完備されており、トップキャップを回せば無段階で調節可能です。


ちょっとボケてますがトップキャップの上側です。
ここにもMade in japanと彫られてますね。
クローンが海外で作られてしまった時ここの文字は一体どうなるのか。


デッキの裏です。
ポジピンを外すとここまで簡単にバラす事が出来ます。
今後販売されるカスタムパーツにエアフローコントロールリング(以下AFC)も告知されておりますので楽しみでしょうがないですね!
ここまでバラすと洗浄も凄くやりやすいですし、何より衛生面でもしっかり気を使えるのは製作側の優しさかと思います。
ユーザー目線でモノ作りが出来るってありがたい事だと思います。


先ほどの写真で気付かれた方も多いかと思いますが、このロゴ
とてもマイクロです。カスタムパーツのAFCを付けるとこれが見えるのがとてもキュンと来る事でしょうね♪早くカスタムパーツ出ないかなぁ
んでこのAFCですが、とてもサラサラ稼働してくれて、無段階調節が出来ます。
ここまでしか回らんよ!って感じでカチっと止まるのでそこも好感が持てますね!


さてビルドですがとても簡単で、デッキの横に彫られたガイドにそってコイルを設置するだけです。
で、ポストの横に切り欠きがありますのでワイヤーを切るのもとても楽ちんです。



僕のオススメビルドはいつもの
Ka26gで2.5mm径です。
1Ω前後を目指してますね。
やはりMTLアトマイザーとかですとここら辺が一番ベストなんじゃないかなって思います。
後はNi80を同じ2.5mm径で0.8Ω前後とかですかね?



はいこれ失敗ウィッキングです!

コットンを削いで少な目にしてしまったのでちょっと供給過多になりましてジュルっときちゃうので削がないでそのままコットンワークを終わらせましょう。


さて、気になる味の出方です
タバコメンソール系のリキッドで吸ってますが、他のタンクだと甘味が前に出てくるんですが415RTAは甘味が少し抑えられており、嫌なエグみもないです
甘い系のリキッドでずっとチェーン出来ないのがこのエグみのせいなんですが、これがないだけでハードチェーン出来ますよ。
ストロベリーRY4も吸ってみましたが、やはり特有のエグみは感じられず、チェーンしてても気持ち悪くならなかったです。


製作者のS氏によるとエグみを消すのは苦労したそうです。
しかしエグみを消す構造ってどういった構造なんだろうと思いましたが恐らくチャンバーのテーパー角度なのかなって思いましたね。


マイクロタンクにしても、純正タンクにしても味が変わるのかなと思いましたが、全く同じでした。
これも狙って作ってたそうで、どんだけ計算して作ったんだろう。。。。



Youtuberのチェンさんが過去の動画で言ってましたが、買って届いたときに
「あーこれ買ってよかったな」って思える物
まさにそれかなと思いました。


ファーストインプレッションで思うまま記事を書いてみたのですが、いつもならデメリットを穴が開くほど探すけど今回どこ探してもデメリットが見つからない....全くこれはぶブロガー泣かせなとんでもないRTAです。


ジュースコントロールを調整する際は必ずトップキャップの外周を摘まんで調整するようにしてくださいね!
トップパーツの突起を持って回すとトップキャップが外れてしまいリキチャ出来るぜ状態になりますのでお気を付けください!



さて今回はOffice EDGEさんで購入させて頂いた
Four One Five 415RTA のご紹介でした!
商品ページもういっちょ貼っておきますね!



今後このRTAはビルド編を記事にしてみようかと思いますので是非そちらもお楽しみにしておいてください!


それでは!






※未成年のVapeは法律では禁止されていませんが20歳以上を対象としております。
ルールやマナー、モラルをきちんと守って使用してください。
間違っても外でクラウドチェイサーとかしないでくださいね!
歩きVAPEも白い目で見られますので家の中で楽しみましょう。
ニコチン入りのリキッドは国内では法律により販売、譲渡は一切禁止されております。もちろん授与もダメです。
バッテリー等も危険な物なので十分に知識を得てから自己責任とし、正しくお使いください。
もしバッテリーに異常が見られる場合はショートの可能性を考え、適切な処置をしてください。
わからない場合、それはもう色々とダメなので勉強し直してきてくださいね!
それでは良いVAPE LIFEを!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。